ヌケメ & GraphersRock 合作展:“Dear Supreme, Dear PLAY”

GraphersRock」の名で活動するアートディレクター岩屋民穂と、アーティスト/デザイナーのヌケメが合作展を開催。“Dear Supreme, Dear PLAY”というタイトルのもと、「現代の自分のリアリティを表明」する展示を『新宿眼科画廊』にてスタートさせる。「GraphersRock」が強く思い入れを持つブランドであると同時に、現代のストリートのハイプを牽引する存在の〈Supreme(シュプリーム)〉、そしてヌケメがファッションデザイナーを志すきっかけの一つとなったブランド〈COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)〉。時を超えて愛され続けると同時に、トレンドを生み出すという2つの偉業をやってのける両ブランドに対する、2人のある種の愛情表現が形となった作品展だ。

既存のロゴを刺繍データのグリッチによって変容させるヌケメのスタイルから生まれたこれら作品群。2人は実際それぞれの正規店に早朝から並び、〈Supreme〉と〈COMME des GARÇONS〉PLAYの商品を購入し、制作に臨んでいる。作品には、そんな実際のフィールドワークから得られた体験も反映されているという。今回の展示についての2人のステートメントを以下より読んでみよう。合同展“Dear Supreme, Dear PLAY”は6月9日(金)からスタートだ。

90年代のストリートカルチャーに強く影響され、それを引きずるような気持ちでずっとSupremeのキャップをかぶっていた。そんな思いの中、昨今のSupremeを取り巻く雰囲気に違和感を感じ、キャップのコレクションをヌケメ君に預け、グリッチ刺繍を施してもらったことが今回の展示のきっかけとなっている。ブランドを身につけるということが自分の態度を表し、内面を具現化する1つの行為であるならば、Supremeに敬意を払いつつも少し違った角度でキャップをかぶり続けたいという思いからだ。
これは純粋なファンアートだ。Supreme も PLAY も心から愛している。
Tamio Iwaya(GraphersRock)

企業のロゴやアイコンにグリッチをかける作品を作っていると、「(その) 企業の姿勢を批判している」と捉えられることがよくあるけど、単にそういうことでもなくて、逆に、もし批判を目的にモチーフを選びだすと、ストレートすぎてつまらなくなるだろうなと思っている。ロゴが持っている文脈をある程度把握してないと、作品化することは難しいし、リアリティが無くなってしまう。結局のところ、特に今回は自分たちの「思い入れ」があるもの、としてSupremeとPLAYを選んだわけで、そういう意味で「Dear」というタイトルがつけられてよかったと思っている。
Nukeme

Dear Supreme, Dear PLAY @ 新宿眼科画廊
住所:東京都新宿区新宿 5-18-11
Tel:03-5285-8822
会期:6月9日(金)〜6月14日(水)
時間:12:00-20:00 ※最終14日のみ17:00まで