H&M が自社アパレルのレンタルサービスを開始

スウェーデン・ストックホルムに拠点とする世界的ファストファッション大手 〈H&M(エイチ・アンド・エム)〉が、アパレルや小物を含む自社のプロダクトを貸し出しするサービスを実施することが明らかになった。

まずは本国のスウェーデンに構える旗艦店にて開始される本サービスは、同ブランドの会員制プログラムである“Loyalty Program(ロイヤルティープログラム)に加入された顧客のみ利用可能で、サステイナブル素材を使用した同社のハイエンドコレクション“Conscious Exclusive(コンシャス・エクスクルーシヴ)”や、最新シーズンのコレクションからセレクトされた50ピースに限ってレンタル提供されるという。同サービスを予約した会員は、一度に3着まで借りることが可能で、店内のショールームにて試着が出来るほか、同ブランドのパーソナルスタイリストからレンタル希望の商品に関するスタイルアドバイスも受けることも出来る。

〈H&M〉は、3ヶ月のトライアル期間を経て、本レンタル事業を更にグローバルに拡大するかを見極めていく模様。近年ファストファッション界では、〈Banana Republic(バナナ リパブリック)〉〈Urban Outfitters(アーバン アウトフィッターズ)〉を筆頭に、類似のレンタル事業を提供しているブランドが続々と増えており、同社は、そんな市場の中で競争力の向上と更なる顧客層を呼び込む事を狙いとしている。

そんな〈H&M〉によるレンタルサービスは、350スウェーデンクローナ(約4,100円)の料金で1週間利用が出来るとのこと。日本でのサービス開始などについては、まだ不明であるが、気なる方は今後の展開を追ってみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けるするそのほかのビジネス関連ニュースもお見逃しなく。