Hender Scheme より旗艦店 スキマ合羽橋 のオープン1周年を記念するスペシャルプロダクトが登場

世界から注目を集める日本発ブランド〈Hender Scheme(エンダースキーマ)〉が、2018年6月にオープンした2店舗目の旗艦店『スキマ 合羽橋』の1周年を記念したプロダクトを発表。6月29日(土)より発売開始となる。

東京・浅草からもほど近く、台東区の田原町に位置する『スキマ 合羽橋』。職人から譲り受けた刻印機を使用した刻印オプションの“effect_lab”を展開、人気を集める同店のオープン1周年を祝すべく用意されたのは、”natural”をキーカラーに、そしてベジタブルタンニンレザーをキーマテリアルに採用した〈Hender Scheme〉然とした表情を見せるシューズ1型+バッグ2型の計3アイテム。シューズは、2019春夏コレクションよりtortoiseをピックアップし、微妙にトーンの異なるレザー素材を組み合わせることによってワントーンでありながら立体感のある1足へとアップデート。2WAYで使用可能、ポケットもジップで着脱可能というマルチファンクショナルなバッグのmulti helmet bagは、異素材の組み合わせを活かしつつも”natural”の色味で統一。本来はスエードレザーで展開されているミニサイズ巾着バッグのkinchakuは、”natural”カラーのスムースレザーを用いて再構築されている。

明るいカラーリングとレザーの質感が際立ち、使い込むほどに自分だけの色や味を見せていくであろう『スキマ 合羽橋』の1周年記念プロダクト。価格はサンダルのtortoiseが36,000円(税込)、バッグのmulti helmet bagが36,000円(税込)、kinchakuが13,000円(税込)。販売は、『スキマ 合羽橋』と公式オンラインショップの2箇所のみとなっているので、気になる方はお早めに。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新ファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。

スキマ 合羽橋
住所:東京都台東区元浅草4-2-10 高橋ビル1F
Tel:03-6231-7579
営業時間:12:00-19:00(月曜定休 *祝日の場合は営業)