Hender Scheme が G-SHOCK 史上初の本革レザーバンドを使用したコラボモデルを発売

2017年のHB100にも選出された柏崎亮の率いる〈Hender Scheme(エンダースキーマ)〉が、2018年に生誕35周年を迎える〈G-SHOCK(ジーショック)〉とのコラボレーションモデルを発売する。協業することでしか実現できないプロダクト制作をコラボレーションの基軸とする〈Hender Scheme〉が今回生み出したのは、〈G-SHOCK〉のクラシックモデル、DW-5600をベースにしたミニマルなリストウォッチ。「CASIO」社製のDW-5600本体に、〈Hender Scheme〉によるレザーベルトを組み合わせたデザインは、〈G-SHOCK〉のデジタル表示が伝える精密な時間と、〈Hender Scheme〉によるレザーベルトの経年変化による歳月の経過、2つの時の流れを伝えてくれる。

本革レザーバンドの起用は、35年の〈G-SHOCK〉の歴史において初めての試みとのこと。「使用されることでプロダクトが完成していく」という〈Hender Scheme〉の理念のもと、タフネスを掲げる〈G-SHOCK〉との使用にふさわしい堅牢なレザーベルトをつくるため、姫路のタンナーによるピット鞣しという手法でできたカウレザーを採用。素材選びにも〈Hender Scheme〉のこだわりと誠意が注がれており、ブランドらしいシンプルなデザインで経年変化を楽しみながら長く愛用できるのも嬉しいアイテムだ。

この〈Hender Scheme〉x〈G-SHOCK〉“DW-5600HS-4JF”が発売となるのは2018年1月3日(水)。価格は26,000円(税抜)で、『スキマ』オンラインストアほか、国内外の〈Hender Scheme〉取り扱い店にて販売される。

〈Hender Scheme〉の2018年春夏コレクション注目アイテムはこちらより。

[問]スキマ
Tel:03-6447-7448