宇多田ヒカルが “Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)” をゲリラリリース

宇多田ヒカルが12年ぶりのツアースタートを記念して、新進気鋭のアジアン・ラッパー3名を客演に迎えた“Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)”をゲリラリリースした。今年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム『初恋』収録の“Too Proud”は、UKのラッパー(ジェイボン)をフィーチャーしているが、新たに発表されたリミックスver.は中国ラップユニットStraight Fire Gang(ストレイトファイアー・ギャング)のXZT(エックスジィーティー)、ベトナム人女性ラッパーの草分けで、同国のヒップホップ界の女王Suboi(スボイ)、そして多才なメンバー揃いのMost Badass Asian(MBA)でも一際高度なスキルを持つEK(イーケー)が参加している。Hikkiが日本以外のアジアのアーティストとコラボするのは初めてのことであるが、前述の3名とも各国で高い評価を得ているアーティストだけに、日本だけでなくアジア各地での盛り上がりも期待される作品に仕上がっている。

“Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)”のダウンロードは、こちらからどうぞ。

ちなみに、『HHHYPE(ハイプビースト)』の編集部員が選ぶ注目音楽リリース“{{BRAND}} Music Picks”の最新回はもうチェック済み?