藤原ヒロシと竹内正則が手がける Burton AK457 より最新コレクションが到着

藤原ヒロシと竹内正則の2人がクリエイティブとテクニカル面をディレクションし、〈BURTON(バートン)〉のテクノロジーを最大限に活かした本格派スノーウェアライン〈BURTON AK457〉が、本格的な雪山の季節に先駆けて最新コレクションを立ち上げた。

〈AK457〉ではバックカントリースノーボーダーに限らず、バックカントリースキーヤー、テレマークスキーヤー、スノーシューハイカーなど、雪山を楽しむ全てのレクリエーショニストに向けたウィンターシーズンに欠かせないアイテムが揃う。機能性とデザイン性を両立する各プロダクトには、GORE-TEX Pro 3レイヤー素材、ウェアの生地に直接ドローコードをつなぎ合わせたCohaesive™が搭載され、過酷な雪山でも優れたパフォーマンスを発揮することが期待できる。また、目玉となるAK457 Guide Jacketは、ブラック/ブルー/ベージュの三色展開で登場するほか、新ラインナップに加わった〈fragment design(フラグメント デザイン)〉のデザインが施されたAK457 Coach Jacketなど、今季も見逃せないラインナップに。現在のところ発売に関する詳細は発表されていないがが、『HAVEN』などの限られたリテーラーにて近日リリースされる模様。そんな最新コレクションとあわせて、下のビデオクリップからHFも登場するキャンペーンビデオをチェックしてみよう。

また、〈Burton〉x〈Carhartt WIP〉による7年ぶりのコラボコレクションもチェックしてみてはいかが?