群馬県前橋にある三角形の庭を持つ素朴で明るい二世帯住宅 House K をチェック

SHINTA HAMADA ARCHITECTS(濱田慎太建築事務所)」が手がけた群馬県前橋市の農地に囲まれた敷地に建つ二世帯住宅「House K」をご紹介。

一見すると白い箱のような外見を持つその家は、内部のスペースが南北のゾーンに分けられ、南にキッチン、ダイニング、リビングなどといった家族のコモンスペースがつくられ、道路に面する北側は個室などのプライベートな居住スペースに。北側の2階の窓はプライバシーは確保しつつ暗くなりがちな道路に灯を与え、周囲に安心感を提供。一方、南側のスペースを吹き抜けの開放的な空間とし、周りの建物や庭に併せて角度を作り、奥行きのある三角形の庭が作りだされている。限られた敷地を最大限に利用し、内部と周辺両方にかつてない新たな変化を及ぼす住宅をフォトロールよりチェックし、更に詳しく知りたい方はウェブサイトを確認してみてはいかがだろうか。

その他の建築関連ニュースから気になる記事を見つけてみよう。