東京のカウンターカルチャーに敬意を表した HUF 2018年秋コレクション “The Last Resort”

プロスケーターのKeith Hufnagel(キース・ハフナゲル)が創設したストリート/スケートブランド〈HUF(ハフ)〉より、東京のカウンターカルチャーをテーマに掲げた2018年秋コレクション“The Last Resort”のルックブックが登場。

新宿の新観光名所として注目を集める『ロボットレストラン』や庶民お馴染みのコンビニエンスストア『ファミリーマート』を舞台に撮影された最新コレクションでは、伝統的なインディゴ染めにレッドやカーキ、トロピカルグリーンといった日本の古寺や陽の光を浴びたピーチを合わせ、霞んだ都市の夜景に輝くカラフルなネオンサインとどこか懐かしいカラーパレットを融合したような独特な配色のアパレルウェアを展開。なかでも、エキゾチックな広告を転写したMA-1ジャケットや大人気格闘ゲーム『ストリートファイター』調のテキストグラフィックを前後身頃に配したTシャツなど、ひと捻りの効いたアイテムはヘッズならずとも購買意欲を掻き立てられるに違いない。まずは上のフォトギャラリーより、いつまでも色褪せることのないタイムレスな逸品をとくとご覧あれ。

ちなみに、〈XLARGE®(エクストララージ)〉と『StreetX(ストリートエックス)』による最新コラボカプセルはもうチェック済み?