次世代 iPhone SE のリリース日&機能に関する有力情報が到着

ユーラシア経済連合(EEC)で詳細が明らかになると噂されていたiPhone SE2だが、そこで「Apple(アップル)」が提出した資料のなかにはなんと全11種もの新型iPhoneのモデルナンバーが記載されていた。結果的に同機の発売情報は有耶無耶となり6月に開催される「WWDC」での初披露が濃厚とされるなか、またしてもこの次世代iPhone SEに関する新情報が登場した。

とある中国メディアが「Global Sources Mobile Electronics 2018」に出展する多くのモバイルケースメーカーへの取材を敢行したところ、次なるiPhone SEの本体サイズは現行モデルと変わらないものの、3.5mmヘッドフォンジャックが無くなり、Qiワイヤレス充電に対応、そして“Apple Pay”での交通機関および店舗支払いが可能となるとのこと。なお、発売日は5月中と明言されていおり、この情報がすべて正しければiPhone SE2は新型プロセッサを搭載した改良モデルとなる。徐々にワイヤレスイヤホンAirPodsやワイヤレス充電マットAirPower(年内発売予定)にシフトする「Apple」の経営戦略にまんまとハマっていってしまいそうだが、引き続きシリーズ後継機の登場に期待しておこう。

ちなみに、「Google(グーグル)」が古代遺跡をバーチャル探検できる新Webサイト『Open Heritage』を開設したのはご存知?