IKEA が設立75周年を記念して各時代を代表する3つのアーカイブコレクションを発表

2018年で設立75周年を迎えたスウェーデン発にして世界最大規模の家電量販店「IKEA(イケア)」が、そのメモリアルイヤーを祝し、1950年代から2000年代までに同社が販売してきたアイコニックな名作プロダクトの数々を再販するようだ。

今回、同社の膨大なアーカイブの中から“Klippan”ラインの最初のソファーやレトロな“Ekenäset”などがセレクトされ、“Gratulera”シリーズとして3つのコレクションが発表される。「IKEA」のクリエイティブリーダーであるKarin Gustavsson(カリン・グスターヴソン)曰く、「今回フォーカスしている3つの時代毎にローンチを分け、ダークな木材を使用したクラシックな表現から、カラフルで遊び心のあるスタイル、そしてスカンジナビア産の木材とグラフィックカラーを使ったより自然なルックまで、全てのコレクションで異なる表情が見られます」とのこと。1950〜1960年代のコレクションは8月、1970〜1980年代は10月、1990〜2000年代は12月にそれぞれ発売が予定されているようなので、まずは上のフォトギャラリーから各コレクションをチェックして、国内展開の詳細については「IKEA」からのアップデートを引き続き待とう。

あわせて、藤原ヒロシによる『THE CONVENI』の3色ボールペンもチェックしてみよう。