IKEA より世界が注目するオランダ人デザイナーを迎えたコラボシリーズ “Industriell” が登場

気鋭ガジェットブランド「Teenage Engineering(ティーンエイジエンジニアリング)」とのチームアップでも話題となったスウェーデン発祥の有名家具量販店「IKEA(イケア)」が、自然のなかで見つけたスクラップ材木や工場廃棄物を再利用したアートワークで支持を得るオランダ人デザイナー、Piet Hein Eek(ピート・ヘイン・イーク)を迎えたコラボプロジェクトを発表した。

産業的を意味する“Industriell(インドゥストリエル)”と名付けられた本シリーズでは、素材の持つ美しさにフォーカスを当てた一点もの感溢れる木目調のテーブルや「IKEA」カラーに染まった4つ脚のチェア、クッションカバー、ガラスコップといったアイテムがラインアップ。不完全な美学を落とし込んだこれらのホームグッズは、2018年4月上旬より全国の「IKEA」各店にて発売予定とのこと。その他詳細は「IKEA」公式サイトからチェック。

ストリートヘッズも熱い視線を送るVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)と「IKEA」によるペルシア絨毯調のラグもあわせてご確認を。