YEEZY に在籍したスニーカーデザイナーが新フットウェアブランド ILYSM をローンチ

今や〈Versace(ヴェルサーチェ)〉スニーカー部門のヘッドデザイナーを務めるSalehe Bembury(サレへ・ベンバリー)をはじめ、才能のある多数のデザイナーを発掘してきたKanye West(カニエ・ウェスト)率いる〈YEEZY(イージー)〉。そこでスニーカーデザインの一端を担っていたデザイナー Sara Jaramillo(サラ・ハラミーヨ)が、米ニューヨークを拠点する新鋭デザイナー Alice Wang(アリス・ワン)をパートナーに迎え、新フットウェアブランド〈ILYSM〉をローンチ。

〈ILYSM〉のデビュー作となるモデルは、ブラックとホワイト2色を基調とし、日本固有の伝統的な履物である“足袋”をモチーフとしたハイカットのシルエットを採用。ソックタイプのトレンド感と独特な仕上がりが目を引き付けるのはもちろんのこと、リサイクル可能なポリエステル/ビスコース/シルクからなる混紡ニット素材が用いられ、環境への優しさと耐久性を実現したサステナブルな仕様が最大の特徴となっている。

また同ブランドは、羊など動物の皮膚と肉を切り取る“Mulesing(ミュールシング)”を一切行わないエシカルなフットウェアを展開していくという。そんな〈ILYSM〉によるTabiスニーカーは、12月10日(現地時間)より同ブランドの公式WEBストアにて発売、価格は99ドルとなる。まずは、上のフォトギャラリーからその最新シューズのビジュアルを確認してみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするそのほかの最新スニーカー情報もお見逃しなく。