Infiniti QX80 から高級感が360°から放たれるリミテッドエディションが登場

Infiniti QX80は、どこにでも存在するただのSUVではない。「日産」が誇る先進技術を搭載し、パワフルな走りと広々とした室内空間を特徴とする大型SUVは、小慣れた大人の男たちをも虜にしてしまう極上のドライビング体験を提供してくれる一台なのだ。

微調整を加えた限定エディション“Anthracite Gray”は、無骨な22インチ9本スポークアルミホイールを履き、ステンレス製のスチールランニングボード、光沢感のあるクロームグリル、ルーフレール、改良版のフロント/リアバンパーなど、エクステリアは文句なしの仕上がり。また、7人乗りのゆとりある車内は、2トーンのセミアニリンレザーを纏うアルカンタラシート、気孔入りのアッシュウッドトリム、最高級スエードのヘッドライナーと細部まで抜かりなく、400Hp/5.6リッターV8気筒エンジンと「日産」の新しい荷重コントロール技術“Hydraulic Body Motion Control”のコンビネーションが、オンロードでの操縦安定性および乗り心地を高度に両立している。

その他にも車線逸脱防止支援システム、インテリジェントクルーズコントロール(全車速追従・ナビ協調機能付)、インテリジェント ルームミラーなどを搭載し、ドライバー目線で設計されたInfiniti QX80は、現代版SUVの中でも最高位に位置するモデルのはずだ。

クルマ好きの方は、「Lexus(レクサス)」が発表した650台限定のRC F Sport Blackラインや、2019年に向けたMustang(マスタング)の新型モデルなどもあわせてご確認を。