Nike の元従業員が貴重なサンプルモデルを eBay に出品

世界的スポーツメーカー〈Nike(ナイキ)〉の歴史において、最先端テクノロジーを司る中心的役割として多くのプロダクトの誕生に貢献した“Innovation Kitchen(イノベーション キッチン)”。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のために制作された Nike MAGをはじめ、自動シューレース調整システム“Electro Adaptive Reactive Lacing(E.A.R.L)”を搭載したHyperAdapt 1.0といった数々の革新的フットウェアを生み出してきた同チームであるが、その貴重なサンプルモデルが、先日ネットオークション「eBay(イーベイ)」に出品されていることが明らかになった。

その出品者は、約2,500足に及ぶ世界最大の〈Nike〉コレクション“The Shoezeum”を所有するコレクター Jordan Michael Geller(ジョーダン・マイケル・ゲラー)。Gellerは、今回このオークションを開催するべく、“Innovation Kitchen”の元従業員であり、テクノロジー開発に携わっていた人物とチームアップ。これまでは門外不出であった幻のプロトタイプやテストモデルの数々が出品される運びとなった。

その出品リストには、世界的インダストリアルデザイナーのMarc Newson(マーク・ニューソン)が手掛けたシューズ ZVEZDOCHKA(シュベドッカ)やAir Foamposite Oneをベースとしたスノーボード用ブーツ、Air Liftといった自社シューズの見本をはじめ、1990年代のNBAスター Penny(ペニー)ことAnfernee Hardaway(アンファニー・ハーダウェイ)のサイン入りのAir Pennyといったレア物フットウェアの数々が並ぶ。そのほかにも「MEDICOM TOY(メディコム・トイ)」とのコラボによるエクスクルシーブな[email protected]や、2001年に制作されたドッグ用フリスビー、そして2004年に同社がLeBron James(レブロン・ジェームズ)のために特別制作した貴重な限定ウォッチまで、先進的なデザインと革新的な技術を追求する〈Nike〉のフィロソフィーが垣間見える。

まずは、上のフォトギャラリーから出品アイテム、下のプレイヤーからGellerによるコレクションを確認し、気になる方は“The Shoezeum”による出品ページへアクセスしてみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新フットウェア情報もチェック。