Instagram が TikTok を対抗する新機能 “Reels” を導入

先日、東京都とのコラボレートによるキャンペーン“#MY TOKYO IS _____(マイ トーキョー イズ)”を開始した『Instagram』。様々な試みが話題となる同アプリであるが、今回、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長する人気動画アプリ『TikTok(ティックトック)』に対抗し、動画の編集/投稿ができる新機能“Reels(リールズ)”を追加したが明らかとなった。

米テック関連メディア『Tech Crunch(テック クランチ)』によると、“Reels”は『TikTok』と同様に15秒の短い動画を編集し共有できる機能を搭載。ユーザーは、ストーリー編集画面を開いた状態で、本機能内で提供される音楽カタログ、外部リンク、他の映像から抽出した音声をBGMとして揷入。このようなカスタム機能を通して、利用者はそれぞれユーモア溢れるコンテンツを作り、ストーリーにて共有することができるのだ。『Instagram』のプロダクト開発部のディレクターを務めるRobby Stein(ロビー・ステイン)氏は「TikTokが音楽/映像コンテンツを楽しめるプラットフォームを大衆化させることに大きな貢献をしたのは間違いないだろう。我々の新機能が、TikTokと類似している部分があるのは事実だが、音楽や映像をシェアするのはごく普遍的なアイデアである。Reelsは、Instagramのユーザーなら誰でも使えることはもちろんのこと、フォローした友達限定でシェアしたり、個人に送信するなど、よりパーソナルな機能を添えているところからTikTokと差別化してる」とコメント。

新機能“Reels”は、iOSとAndroid両方で対応できるものの、現在はブラジル限定で提供が開始されている模様。日本での展開もまもなく開始される見通しなので、引き続き『Instagram』からのアップデートに注目していこう。

合わせて、その他の最新テック情報もお見逃しなく。