Gucci が“今最も成長率の高いファッションブランド”に選ばれる

世界最大規模のブランディング専門会社「Interbrand(インターブランド)」が、2000年から毎年発表しているランキング“Best Global Brands(最も価値のあるグローバルブランド)”。2019年で20回目を迎える本ランクにて、イタリア発のトップメゾン〈Gucci(グッチ)〉が今最も成長率の高いブランドのTop 5に入ったことが明らかになった。

グローバルに事業を展開するブランド/企業を対象に、そのブランド固有の価値を金額に換算した数値に基づくこのランキング。上位陣は毎年あまり変化がなく、7年連続で「Apple(アップル)」と「Google(グーグル)」がそれぞれ1位と2位を獲得し、「Amazon(アマゾン)」が2年連続で3位に位置している。また今回は、配車サービスを展開するアメリカ発の「Uber(ウーバー)」(87位)やビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクドイン)」(98位)といった企業が初めてランクインしたことも特筆すべき点であろう。

ファッション関連企業では、16位に選ばれた「Nike(ナイキ)」に続き、〈Louis Vuitton(ルイヴィトン)〉が17位、〈Chanel(シャネル)〉が22位、〈Hermes(エルメス)〉が28位、〈Zara(ザラ)〉が29位、〈adidas(アディダス)〉が45位といった形で上位50位以内に登場している。

一方、〈Gucci〉は総合ランキングで33位にランクインされたものの、前年比23%増の成長率を見せ、成長率別では総合4位に輝いている。「Interbrand」の関係者は同社のレポートを通じて「Gucciは、自己表見や多様性、異文化の融合/理解といった様々な社会的要素をブランドにて体現化を実現。デジタル社会に応じて、ソーシャルメディアから疎通し続ける努力から、次世代の顧客を魅了している」とコメント。そして、近年はビューティー商品やファインジュエリーを筆頭に製品カテゴリーの拡大し、同業他社と比較すると業績面において圧倒的な成長を続けている。

『HHHYPE』がお届けするファッションビジネス関連情報の数々もお見逃しなく。