iPhone 12 が噂通りであればこんな感じ?

先日、「Apple(アップル)」から待望のiPhone 11がリリースされたばかりだが、気が早いもので世間はiPhone 12の話題でヒートアップしている。そんな中、モバイルテクノロジーメディア『PhoneArena』がこれまでに浮上した噂や情報を元に、“こうなるであろう”iPhone 12のコンセプトデザインを作成したようだ。

「Apple」社関連の情報に特化したアナリストとして名を馳せるMing-chi Kuo(ミンチー・クオ)は、既に2020年に登場するiPhoneの新フラッグシップモデルは、iPhone 4を彷彿させるデザインとなる可能性を示唆。今回公開されたレンダリング画像でもiPhone 4を連想させる周囲を覆うようなステレンスのフレームや全体的にフラットなデザインが確認できる。また、スクリーン上部のノッチは縮小され、ビデオ撮影時のポートレートモードのARサポートを想定した4番目のカメラが追加されると見込まれている。

iPhoneのデザイン大幅刷新は3年周期といわれており、iPhone 11によってそのサイクルが終了。今後のアップデートにも要注目だ。

「Apple」のサブスクリプションサービスに関する噂はチェック済み?