歴代 iPhone の中身がどのような構造になっているかご存知?

「今日、Appleは電話を再定義します」、これはSteve Jobs(スティーブ・ジョブズ)が初めてiPhoneを発表した際の名言として、今なお人々の記憶に深く刻み込まれている。約10年間、携帯電話の常識を変えた時価総額世界一のカンパニーは、これまでに12億台のiPhoneを出荷。この数字が証明するとおり、iPhoneが消費者製品の歴史で最も成功を収めたプロダクトであることに疑いの余地はない。

そんなJobsの遺産に敬意を表して、大手経済情報サイト『Bloomberg』が様々な製品修理をヘルプしてきた『iFixit』とアナリティクス/ソリューションの分野のグローバルリーダー「IHS Markit」と手を組み、歴代iPhoneの内部構造を紐解くプロジェクトを公開。2007年に発表された初代iPhoneや懐かしの3Gから、つい先日の基調講演でお披露目されたiPhone Xまで、細かなチップやシャーシなどを分解したこのフィーチャーからは「Apple」の技術革新を感じることができ、機械オタクならずとも必見の内容となっている。

『Bloomberg』のフィーチャー記事をチェックしたあとは、テクノロジー業界のご意見番たちに聞いたiPhone Xに対する正直な意見もお目通しあれ。