新型 iPhone 向けのワイヤレス充電パーツとされる部品画像が流出

現在囁かれている噂では来月2017年9月中の発表/リリースが濃厚とされている「Apple(アップル)」社による新型スマートフォン端末、通称iPhone 8。これまでにも『HHHYPE』では「Apple」によるうっかりミスから明らかになったその詳細など、その新型iPhoneに関する様々な情報をご紹介してきたが、今回その新型iPhoneに搭載されると見られている新機能“ワイヤレス充電機能”に関する新情報をご紹介。

今回ネット上に突如出現したものとは、ワイヤレス充電用のパーツと思われる電子部品の姿を捉えた画像。この画像は新型iPhoneに用いられるパーツのサプライヤー(製造業者)から流出したものとされており、この流出画像からその詳細な機能までを読み解くことはできないが、新型iPhone用のワイヤレス充電器に搭載されるプリント基板であることが推測されている。また今回会通出したパーツ画像の型番に技術検証試験を意味する“EVT(Engineering Validation Test)”の文字が確認でいることからこのパーツは実際に用いられる最終段階のものではなく、あくまでテスト段階のものだとする推測も確認できる。

これまで登場した噂と併せて考えても新型iPhoneに新機能としてワイヤレス充電機能が搭載されるのはほぼ間違いないと考えてよいのではないだろうか。しかしワイヤレス充電器はiPhoneに付属するものではなく、アクセサリーとして別売りされるとの噂もあるので、まずは引き続き「Apple」社からのオフィシャルな情報の登場を待とう。