日本を舞台にしたウェス・アンダーソン最新作アニメ映画『犬ヶ島』の予告編が公開

『ダージリン急行」や『グランド・ブダペスト・ホテル』など、有名映画作品を手がけてきたアメリカ人映画監督Wes Anderson(ウェス・アンダーソン)が新作アニメ映画の製作を発表してから約1年。ついにその映画『Isle of Dogs(邦題:犬ヶ島)』の予告編映像が公開となった。あらすじは日本を舞台に、少年と犬たちが失踪した少年の愛犬を探しに旅へ出るというアドベンチャー作品。本作もWesが以前『ファンタスティック Mr.FOX』で使用した、人形などを動かして1コマごとに撮影した写真を繋ぎ合わせていくストップモーションアニメ作品となっており、Wesファンの心を掴むであろう独特な世界観が描かれている。

また今回はキャスト陣にも力を入れており、Bill Murray(ビル・マーレイ)、Tilda Swinton(ティルダ・スウィントン)、Edward Norton(エドワード・ノートン)、Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)などの人気ハリウッドスターたちをはじめ、オノ・ヨーコ、夏木マリ、野村訓市、そしてRADWIMPSの野田洋次郎らといった日本勢も参加している。

映画『犬ヶ島』は2018年4月20日(現地時間)から全米公開がスタートし、日本を含めその他の国々でも2018年春以降の公開を予定している。まずは上のビデオからWes Andersonによるファン待望の新作の予告編をチェックしてみよう。