イチミリデザインが設計した漆黒の大型屋形船“陽雅 YOUGA”

屋形船の起源は、平安時代にまで遡る。今でも花見や花火のシーズンには予約が殺到し、河川整備が終わった江戸時代以降、屋形船の文化は日本の風物詩として日々賑わいをみせている。

KPG RIVER CRUISE」は、堺筋、御堂筋、四ツ橋という大阪の三大メインストリートをわたり、堂島川や土佐堀川の流れを楽しむ都市型クルージングであり、船上で四季折々の景色を眺めながら、和と洋の本格的な食事を楽しめる大阪人気の屋形船。本稿では、その「KPG RIVER CRUISE」より、大人数で心置きなく親睦を深める優雅な宴をしたい方にオススメの“陽雅 YOUGA”をデザイン的切り口からご紹介したい。

平野大偉が主宰する「イチミリデザイン」がデザインした“陽雅 YOUGA”は、大阪で運航する屋形船としては最大級の全52席を誇る。外観のカラーリングはブラックで統一することで、提灯や木材部分の和な装いを一層強調。また、内装には本格懐石料理が映える白木のインテリアを採用し、用途に応じて証明の変更も可能と、屋形船らしさを残しつつも上品で落ち着いた和風空間を作り上げた。

大人数ともなると、なかなか飲食店の予約を取るのは難しい。是非、同窓会や打ち上げ、送別会/歓迎会など、大人数でお集まりの際には非日常的な経験の中で宴を開いてみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするその他の建築/デザイン系ニュースは、こちらから。