映像クリエイター・瀬川三十七が作る違和感とユーモア溢れる“動く浮世絵”をチェック

江戸時代に成立した絵画、浮世絵。そんな日本が誇る伝統芸術に現代的なひねりを加えた“動く浮世絵”を作る映像クリエイター・瀬川三十七の作品をご紹介しよう。瀬川氏はその歴史ある絵画に何かしらの現代的要素を入れ込み、動きを加え、GIFアニメーションを作っている。現代のソーシャルメディア社会を意識し、古くから伝わる浮世絵にあえてモダンな機械や光などを加えることで“違和感”を与え、その違和感を楽しむアートとして作品作りをしているという。ちなみに、映像を通して伝えたいことは特にないとのことだ。かの有名な喜多川歌麿をはじめ、歌川広重や葛飾北斎など代表的な芸術家の絵画がユーモア溢れるイメージとなった作品の数々を下のGIF画像、また瀬川氏のウェブサイトより是非チェックしてみてほしい。