JAY-Z が Beyoncé を再び客演に迎えた最新シングル “Family Feud” のMVを公開

あのアメリカ合衆国元大統領Barack Obama(バラク・オバマ)もお気に入りアーティストの1人と公言するヒップホップ界の重鎮JAY-Z(ジェイ・Z)が、妻であるBeyoncé(ビヨンセ)を再び客演に迎えた最新曲“Family Feud”のミュージックビデオを公開した。

映画監督のAva DuVernay(エイヴァ・デュヴァーネイ)が撮影を手がけた同ビデオでは、俳優Michael Bakari Jordan(マイケル・B・ジョーダン)やイギリスの女優Thandie Newton(タンディ・ニュートン)などといった数多くのスターに加え、2人の愛娘であるBlue Ivy Carter(ブルー・アイビー・カーター)ちゃんも初出演しており、2444年のドラマチックな不倫劇から教会でJAY-Z一家が共演するシーンまで1秒たりとも目が離せない7分56秒のミュージックビデオとなっている。

まずは、上の映像からセレブリティたちが魅せる圧巻のパフォーマンスをチェックしよう。あわせて、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)とSZA(シザー)による映画『ブラックパンサー』とのコラボ曲“All The Stars”もこちらからご確認を。