Forbes が2019年度版 “世界で最もリッチなラッパー”ランキングを発表

先日、JAY-Z(ジェイ・Z)がヒップホップアーティストとして初のビリオネアに上り詰めたニュースをお伝えしたが、米経済誌『Forbes(フォーブス)』はJAY-Zに続く次なるビリオネアを探す“ヒップホップ界で最もリッチなラッパー 2019”を発表した。

当然1位はJAY-Zとなるが、第2位は80億ドルの純資産を保有するDr. Dre(ドクター・ドレー)、第3位は7億4000万ドルのDiddy(ディディ)と大御所が続く。Dreは2014年にオーディオブランド「Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)」を「Apple(アップル)」へ売却しており、30億ドルという収益を得ている。一方、多角的なビジネスを展開するDiddyは、ウォッカブランドの“CÎROC(シロック)”、ケーブルTV「Revolt(リボルト)」、アパレルブランド〈Sean John(ショーン ジョン)〉といったさまざまな企業での持ち株からの収入を得ており、Dreに肉薄する資産を築く。そして、4位はKanye West(カニエ・ウェスト)、5位はDrake(ドレイク)と『HHHYPE』でもおなじみのスターが名を連ねる。さらなる詳細はこちらからご確認を。

その他ミュージック関連の情報もお見逃しなく。