カニエ・ウェストが Jay-Z に対して TIDAL 離脱と現金3億円を要求

自身の不貞を妻 Beyoncé(ビヨンセ)に謝罪する意味も込められた新アルバム『4:44』をリリースしたJay-Z(ジェイ・Z)だが、水面下ではKanye West(カニエ・ウェスト)と一悶着起こっているそう。一ヶ月前、Kanyeは『TIDAL』宛に契約違反を通達する文書を送り、その中には同音楽サービスとの蜜月関係に終止符を打ち、彼に支払われるべき約3.3億円の現金を要求する旨を記載。彼の弁護士は150万人を超える『TIDAL』の登録者がボーナスに反映されてない旨を主張しているほか、Yeが『The Life of Pablo』のリリース後に提供した彼のミュージックビデオについても返済が済んでいないことに言及している。だが、一方のJay-Zサイドは、Kanyeがまだビデオを送ってきておらず、それが届くまで支払いを保留しているとのことだ。

現状、『TIDAL』がKanyeの音源を独占的に所有している事実は変わらない。Kanye陣営は今回の申し出の代替案を提示することもできるが、もし『TIDAL』から離脱することを望めば法的措置を取らざるを得ない。しかし、これまでも度々両者の不仲を指摘する噂があったが、彼らは互いの子供たちが仲良くしていることもあり、本件に関してはもうしばらく議論が続けられるのではないだろうか。