出会いから決裂まで一体何が? JAY-Z とカニエのブレイクアップストーリー

JAY-Z(ジェイ・Z)とKanye West(カニエ・ウェスト)。2011年には、昨今のラップシーンにも多大な影響力を持つこととなったヒップホップアルバム『Watch the Throne』を共同制作した2人のビッグアーティストたちだか、そのブロマンスは今、急速に終わりを迎えつつある。

先日、『TIDAL』をめぐってKanyeがJayに3億円を超える巨額の支払いを求めていることを報じたが、加えて数十時間前にKanyeは『TIDAL』との契約を正式に打ち切ったという。確かにここ最近、2人の不仲を示唆する場面がより頻繁に報じられ、その片鱗はHOVAの最新アルバム『4:44』の“Kill JAY-Z”にも現れるなど、亀裂が浮き彫りになってきている。では一体2人の出会いから決裂まで一体何があったのか? 『Genius』によるこの2人の「フォールアウト」のざっくりとした経緯を追ったビデオを、上のプレーヤーからチェックしてみよう。全編英語ではあるが、彼らのコメントやリリック、プライベートでの動向などかおさらいできる内容だ。

『4:44』は現在『iTunes』など、『TIDAL』以外のストリーミングサービスでも聴く事ができるのでチェックをお忘れなく。