Apple Music と Spotify 上から Jay Z の楽曲が消滅?

世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」と「Apple」社が展開する定額制音楽配信サービスの「Apple Music」上から、世界中にファンを抱えるカリスマラッパーにして実業家としてもその手腕を振るうJay Z(ジェイ・Z)のソロ作品が突如として消滅したことが判明。

『ENGADGET』などのレポートによると、アメリカなどの「Appel Music」では全てのJay Zソロ作品が消えているものの、Kanye West(カニエ・ウエスト)やLinkin Park(リンキン・パーク)らとのコラボレーションアルバムは残っているとのこと。日本の「Apple Music」では一部のソロアルバムやベストアルバムはまだ聞ける状態にあるようだが、Jay Zソロ名義の複数の作品が消滅していることが確認されたている。

また「Spotify」は今回のJay Z作品の削除に関してTwitterで「アーティスト自身の求めによるもの」と説明。

実はJay Zは、日本未上陸の定額制音楽配信サービス「Tidal」を運営するオーナーであり、「Spotify」や「Apple Music」は彼のビジネスライバルにあたる存在とも言うことができる。はたして今回の一連の騒動は彼のビジネスセンスが引き起こしたものであったのだろうか。真相はまだ不明だが、引き続き新ニュースの登場を待とう。