JAY-Z はやっぱり Kanye West と縁を切りたがっている?

先日、Kanye West(カニエ・ウェスト)がJAY-Z(ジェイ・Z)とのコラボアルバム『Watch the Throne』の続編を予告したが、どうやらプロジェクトは暗礁に乗り上げているようだ。

KanyeとJAY-Zは自他共に認める兄弟同然のような付き合いであったが、2016年辺りから関係性が崩れ始め、JAY-Z主宰の音楽ストリーミングサービス「Tidal」からKanyeが離脱し、JAY-Zがアルバム内でKanyeをディスするなど関係は悪化の一途を辿った。

先述の『Watch the Throne 2』を示唆する発言で両者の仲は回復に向かっていると思いきや、最新のレポートによると、JAY-ZとBeyoncé(ビヨンセ)夫妻は、Kanye及びKim Kardashian(キム・カーダシアン)のお騒がせカップルと縁を切りたがっているという。JAY-ZとBeyoncéは、近頃のKanyeの物議を呼ぶ政治的発言に辟易しており、単に注目を引くためにわざと炎上を誘うような言動を繰り返していると考えているようだ。また、二人揃って(Kanyeの将来的な政治への参画意思は理解するものの)現時点では全く同意ができず、KanyeともKimとも一切関わりたくないというのが本音のよう。このまま喧嘩別れに終わってしまうのか、今後の動向に注目したい。

あわせて、JAY-Zとの不仲の一因にもなっているKanyeとトランプ大統領の会談もチェックしておこう。