ジェットエンジンを搭載した世界初の空飛ぶバイク Speeder™ 予約販売がスタート

バックパックのように背負って空を飛ぶJetPack(ジェットパック)で広く知られる、米カリフォルニア州を拠点とする「JetPack Aviation(ジェットパック アビエーション)」社が、今度は空飛ぶバイクを開発/発表。さらには予約販売の受付をスタートさせた。

“空飛ぶバイク”と聞くと映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場するスピーダー・バイクを思い浮かべる方も多いだろう。そして偶然か必然か、今回「JetPack Aviation」社が開発した空飛ぶバイクの名もずばりSpeeder™(スピーダー)だ。“The world’s first flying motorcycle(世界初の飛行バイク)”を謳うSpeeder™は、スーパースポーツバイクのようにかなりの前傾姿勢で跨る1人用の乗り物。機体には4機のジェットエンジンが搭載され、最高時速は150マイル(約240キロ)、最高高度は15,000フィート(約4.5キロ)、1回につき最大22分間の飛行運転が可能になるとのこと。ちなみにパイロットの体重制限は109kgまでとされているので、少し大きめの方で体重109kg以上の方は悪しからず。

娯楽用と軍用/商業用の2タイプ展開となるSpeeder™の気になるお値段だが、現時点で個人購入可能な娯楽用タイプの価格は1台38万ドル(約4200万円)。限定20台で予約段階で必要になる金額は1万ドル(約111万円)のみとのことなので、気になってしまったお金持ちの方は詳細を公式Webサイトより確認しておこう。

『HHHYPE』がご紹介するその他の乗り物関連ニュースの数々もお見逃しなく。