JOHN LAWRENCE SULLIVAN が直営店限定展開となるトレンチコートをリリース

デザイナー 柳川荒士が2003年に設立した〈JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)〉は、強さとエレガントさの共存する男性像をコンセプトに掲げ、テーラードを軸とした服作りが国内外で高い評価を得ている。

そんな同ブランドが、本日9月11日(水)から9月17日(火)の期間、『伊勢丹新宿店メンズ館』2階にて、2019年秋冬のプロモーションを実施。それに伴い直営店限定展開となるシングルトレンチコートを発売。シルク混のコットンツイルを用いた膝下丈の本コートは、ベントに代わって配置された背中の特大ジッパーが特徴的な一着に。価格は13万円(税抜き)となり、ブラック、ボルドー、ベージュの3色展開となる。取り扱い店舗は前述の通り、〈JOHN LAWRENCE SULLIVAN〉の中目黒店、伊勢丹新宿店、京都店のみ。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。