主人公よりも派手なドレスで『美女と野獣』のテーマソングを歌うアリアナ・グランデ

Emma Watson(エマ・ワトソン)とDan Stevens(ダン・スティーヴンス)主演で「blockbuster」により実写化される「Disney」映画、『美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)』のリードトラックミュージックビデオが完成。歌うのは、主人公Bellよりも豪華な赤いドレスで登場するAriana Grande(アリアナ・グランデ)と、落ち着いた衣装のJohn Legend(ジョン・レジェンド)だ。作詞Howard Ashman(ハワード・アッシュマン)、作曲Alan Menken(アラン・メンケン)によるこの曲は、1992年のオスカーでベストオリジナルソングを受賞した楽曲。日本で4月21日(金)に公開される同作には他に、Luke Evans(ルーク・エヴァンズ)、Ewan McGregor(ユアン・マクレガー)、Ian McKellen(イアン・マッケラン)、Emma Thompson(エマ・トンプソン)がキャスティングされている。4月から、このクラシックなプリンセスラブストーリーをデートで見に行く機会がありそうなみなさんは、まずこのガーリーでドリーミーなミュージッククリップで、予習と免疫をつけておいてはいかがだろうか。