NEIGHBORHOOD サポートのもと開催されたジョン・メイヤーのシークレットライブ

〈NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)〉は去る4月12日(金)、『TRUNK(HOTEL)』の1Fラウンジにて、現代の3大ギタリストの1人であるJohn Mayer(ジョン・メイヤー)とのコラボレーションを記念するローンチパーティを開催した。ポップアップスペースには、両者のジョイントワークを象徴する“JMNH”のロゴでラッピングされたストリート・ベンダー(ニューヨークなどで見かける飲食系屋台)風のトレーラーを設置。会場にはオープン前から長蛇の列ができ、〈NBHD〉の滝沢伸介や〈Hombre Niño(オンブレニーニョ)〉のYOPPIらがグッドミュージックで華を添えた。

実はこの日、〈NBHD〉クルーは『TRUNK』のチャペルスペースに友人や業界関係者を招待し、John Mayerのシークレットライブを開催していたことをご存知だろうか。『日本武道館』でのライブから一夜明けたばかりだが、前日の熱狂とは一変、神聖なスペースで行われたアコースティックライブは、まさに“贅沢”の一言。鳴り響くのはグラミー賞で最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞したJohnの優しい歌声と、Eric Clapton(エリック・クラプトン)も認める「C.F.Martin&Co(マーチン)」のアコースティックサウンドのみ。約30分というわずかな時間ではあったが、最後は誰しもが舌を巻く“Neon”の圧巻のギタープレイで締めくくってくれた。

そんなJohn Mayerのシークレットライブおよびポップアップの様子は、上のフォトギャラリーから。また、会場で販売されたマーチャンダイズの一部は〈NEIGHBORHOOD〉のオンラインストアでも販売されているので、気になる方はお早めに。