ジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻がチャリティーオークションを開催

去る2019年9月13日、入籍1周年を記念し正式な結婚式を挙げたJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)とHailey Bieber(ヘイリー・ビーバー)。否が応でも多方面から熱視線を集めてしまう夫妻が、今ホリデーシーズンに特別なネットオークションを開催する。

米ニューヨーク発のオークションハウス『Paddle8(パドルエイト)』とのパートナーシップによる本オークションは、これまでにBieber夫妻が所有していた愛蔵のアートコレクションが出品される。そのなかには、日本のアートシーンを代表する村上隆をはじめ、現代ストリートアートを牽引するKAWS(カウズ)、ポップでグロテスクな作風が象徴的なアメリカ出身のアーティスト Buff Monster(バフ モンスター)、モンスターの口をモチーフとした作品“Loudmouf”で知られるニューヨーク拠点のストリートアーティスト Greg Mike(グレッグ・マイク)、そして建築家/DJ/ファッションデザイナーとして様々な肩書を持つ〈Off-White™️(オフホワイト)〉主宰のVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)らが創作した作品17点が含まれる。

また、チャリティを目的とした同オークションその収益の全ては、ロサンゼルスの非営利団体「LIFT」とアート支援機関の「Inner-City Arts」に寄付され、ロサンゼルスにおける地域/コミュニティ改善や若手アーティストたちの教育支援のために使われるという。

JustinとHailey Bieber夫妻によるこのオークションは、前述の『Paddle8』公式WEBサイトにて12月13日(現地時間)まで開催される。日本からも参加可能とのことなので、気になる方が上のリンクへアクセスしてみてはいかがだろうか。

NBAによる初のエキシビションもあわせてチェックしておこう。