第52回スーパーボウルに登場したジャスティン・ティンバーレイクのパフォーマンスをチェック

日本時間の2月5日(月)に開催された「第52回スーパーボウル」は激闘の末、イーグルスがペイトリオッツを41対33で下して2004年の雪辱を晴らし、チーム史上初のスーパーボウルチャンピオンに輝いた。ハーフタイムには、その2004年の“伝説のショー”が今なお語り継がれるJustin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)が14年ぶりにパフォーマンスを披露。最新アルバム『Man of the Woods』のファーストシングル“Filthy”で幕を開けたJTは、“Rock Your Body”でバックダンサーと共にコートに姿を現し、会場を煽る。メインステージでは“Senorita”や“Sexy back”などを歌い上げたが、昨年他界したミネソタ出身のPrince(プリンス)に敬意を評した“I Would Die 4 U”は会場のファンの記憶に深く焼き付いたことだろう。

Timberlakeの圧巻のパフォーマンスは、上のプレーヤーから。

『HHHYPE』がお届けする音楽関連のニュース一覧は、こちらからご確認を。