トランプ大統領との会談中に Kanye West の iPhone の暗証番号が露わになる事態が発生

先週、話題が尽きないお騒がせラッパーでデザイナーのKanye West(カニエ・ウェスト)とDonald Trump(ドナルド・トランプ)米大統領の会談がホワイトハウスで行われた。多くの報道陣とカメラマンが駆けつけてテレビ中継が行われた本会談では、Kanyeの見事なマシンガントークっぷりを拝借できたと同時に、予期せぬ場面で彼の個人情報が世界中に公開されてしまう事態に……。

それは、Kanyeのほぼ独り演説中に発生。トランプ大統領にとあるイメージ画像を見せようと、ポケットから自身のiPhoneを取り出した後、iPhoneのロック解除の画面が表示されると、彼は指紋認証を利用せずに自身のパスワード番号を連打。その様子を、後ろにいたカメラマンが鮮明におさえていたため、彼のパスワード番号が“000000”であることが全世界に公開されてしまったのだ。重要機密情報を守るために、何処よりも情報管理に厳重なホワイトハウスで自ら個人情報が流出してしまうという何とも皮肉な事件であるが、果たしてKanyeはパスワードを変更したのだろうか。

あわせて、トランプそっちのけでKanyeがしゃべり倒した本会談の内容をチェックしておこう。