Forbes が“世界の最も稼ぐミュージシャン”の2019年度版を発表

2019年も師走に入るなか、“死後も稼ぎ続ける著名人ランキング”や“世界を変える30歳未満の30人”といったランキングを発表し始めた米経済誌『Forbes(フォーブス)』。そんな同誌による恒例企画のひとつ、“世界で最も稼ぐミュージシャン”の最新版が公開された。

その最新ランクの王座に輝いたのは、“アメリカン・スウィートハート”こと、Taylor Swift(テイラー・スイフト)。Taylorは、2016年度版のランキングの続き2度目の1位を獲得しており、今年は新たなレコード会社との契約、各企業とのスポンサー契約、そして自身史上最高の売上を記録したワールドツアーなどにより、この1年間で1億8,500万ドル(約201億円)もの収入を得ている。一方、惜しくも2位に甘んじたのは、先日発表された“最も稼ぐヒップホップアーティスト”にて首位に君臨していたラッパーのKanye West(カニエ・ウェスト)。〈adidas Originals(アディダス オリジナルス)〉とコラボライン〈adidas + KANYE WEST(アディダス + カニエ・ウェスト)〉の事業が絶好調なことから、年間の収入は約1億5,000万ドル(約162億円)となった。続けてツアー活動に励んでいた、英国出身のシンガーソングライター Ed Sheeran(エド・シーラン)とアメリカのロックバンドThe Eagles(イーグルズ)が3位と4位を獲得。それぞれ1億1,000万ドル(約120億円)と1億ドル(約110億円)を稼ぎ出している。そして、引退ワールドツアー“Farewell Yellow Brick Road”を開催中の、イギリスの国民的ミュージシャン Elton John(エルトン・ジョン)は約8,400万ドル(約91億円)で5位、JAY-Z(ジェイ・Z)とBeyoncé(ビヨンセ)夫妻がいずれも8,100万ドル(約88億円)の収入を上げ、仲良く6位タイにランクインすることに。

そのほかに上位となったミュージシャンは、カナダ人ラッパー Drake(ドレイク)やニューヨーク出身の大物プロデューサー Diddy(ディディー)をはじめ、Rihanna(リアーナ)、Travis Scott(トラヴィス・スコット)、DJ Khaled(DJキャレド)、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)、昨年からの人気を維持するヒップホップトリオ Migos(ミーゴス)らが名を連ねる結果となった。そんな“世界の最も稼ぐミュージシャン 2019”のフルリストは、こちらよりチェックしてみよう。

その他ミュージック関連のニュースもお見逃しなく。