Kanye West がファッションの祭典 MET Gala 2019 にまさかの Dickies を着用して登場

米『Vogue』編集長であるAnna Wintour(アナ・ウィンター)が主催するファッションの祭典「MET Gala 2019(メットガラ2019)」が、5月6日(現地時間)にアメリカ・ニューヨークの『メトロポリタン美術館』にて開催された。今年のテーマは“Camp: Notes on Fashion(キャンプ:ファッションについてのノート)”。公式情報によれば、この“Camp”はアウトドアで楽しむ“キャンプ”ではなく、“皮肉”、“ユーモア”、“パロディー”、“模倣”、“技巧”、“芝居がかったもの”や“誇張”といった意味合いの“Camp”となるそうだ。

名だたるセレブの個性豊かなコスチュームが毎年話題となる本イベント。今年も奇抜なアウトフィットが目を引くなか、Kanye West(カニエ・ウェスト)に熱い視線が注がれた。パートナーのKim Kardashian(キム・カーダシアン)と共に登場したKanyeが着用していたのは、なんとワークウェアの雄〈Dickies(ディッキーズ)〉……。現在〈Dickies〉のオンラインストアにて43ドルで販売されているジップアップジャケットにブラックのパンツ、〈YEEZY(イージー)〉Season 4のミリタリーブーツという出で立ちは、お騒がせスターの名に恥じないチョイス(?)といえるだろう……。

ちなみに今回とは対照的に2016年には〈Balmain(バルマン)〉の豪華絢爛なジャケット、〈Fear of God(フィア オブ ゴッド)〉のデニムパンツを着用していたKanye。それ以後、レザーパンツやスキニージーンズを用いたタイト目な装いから、スウェットを中心としたカジュアルなアウトフィットへとシフトしていくこととなる。「MET Gala 2019」でKanyeの着用しているEisenhower Jacket(アイゼンハワージャケット)は国内の販売サイトでも入手可能なようなので、気になる方はチェックしてみてはいかがだろうか。

その他ファッションに関する最新情報もお見逃しなく。