Kanye West が実際の教会を舞台に恒例イベント Sunday Service を開催

ラッパー/プロデューサー/デザイナーとして幅広く活躍するKanye West(カニエ・ウェスト)が毎週日曜日に開催しているゴスペル調のパフォーマンス “Sunday Service(サンデーサービス)”。先日、アメリカの伝説的ロックバンド Nirvana(ニルヴァーナ)の代表曲“Come As You Are”と“Smells Like Teen Spirit”をクリスチャン風にカバーし、話題となった同イベントだが、今回はカリフォルニア州ロサンゼルス北部サンフェルナンド・バレーにある実際の教会を開催会場とした。

そのパフォーマンスを収めた動画では、いまだビーフも囁かれるJAY-Z(ジェイ・Z)とKanyeの名盤『Watch The Throne』収録の“Lift Off”をはじめ、人気ゴスペルシンガー Fred Hammond(フレッド・ハモンド)の“This Is The Day”、Tye Tribbett(タイ・トリベット)の“Lift Him Up”、そして過去のイベントでも数回カバーしているSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)の代表曲“Drop It Like It’s Hot”といった楽曲を合唱する聖歌隊が映し出されている。当日は、“Harajuku Girls”でお馴染みのGwen Stefani(グウェン・ステファニー)や、お騒がせリアリティ番組スターのBlacChyna(ブラック・チャイナ)、米女性シンガーソングライター Tori Kelly(トリー・ケリー)などの著名人も参加し、聖なる?雰囲気を盛り上げていた模様。早速、その最新パフォーマンスを、下のリンク画像より視聴してみよう。

『HHHYPE』がお届けする、その他の最新音楽ニュースの数々もお見逃しなく。