NBAファイナルの主役 カワイ・レナード大学時代の口癖が全米でバズを起こす

舞台をゴールデンステート・ウォリアーズの本拠地に移した「NBAファイナル 2019」。47得点を叩き出したStephen Curry(ステフィン・カリー)の孤軍奮闘も虚しく、スタメン全員が二桁得点以上をあげたトロント・ラプターズがウォリアーズを圧倒した。なかでもKawhi Leonard(カワイ・レナード)は、30得点、6アシスト、7リバウンドの活躍。これで今プレイオフ13試合目の30点オーバーとなり、1プレイオフでこれ以上の30ポイント試合を記録しているのは、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)、Kobe Bryant(コービー・ブライアント)やLeBron James(レブロン・ジェームズ)ら極一部のエリートプレイヤーのみとなる。

現在アメリカでは、無口なKawhiのとある名言がバズを起こしている。それは、スポーツメディア『The Athletic』のコラム内で紹介されたKawhiの大学時代の口癖「Board man gets paid(リバウンドに励むものは報われる)」というもの。某国民的マンガの名台詞「リバウンドを制するものはゲームを制す」に近いものがあるが、第3戦後の会見で記者に尋ねられたKawhiは次のように語っている。「高校や大学時代によく言ってたね。NBAに入りたかったからさ。ハードワークについての話だよ。相手よりハードにプレーするんだ。リバウンドは勝利の手助けになる。僕らのモットーだったよ」

ラプターズ創設以来初のファイナル進出の快挙に湧くファンの盛り上がりを象徴するように、既に“Board man gets paid”をプリントしたTシャツまで売り出されている。第4戦の行方にも要注目だ。

その他『HHHYPE』がお届けする「NBAファイナル」関連の情報もお見逃しなく。