キム・ジョーンズ率いる Dior が2019年春夏コレクションで KAWS とコラボ?

Kim Jones(キム・ジョーンズ)や〈AMBUSH®(アンブッシュ)〉のYOON(ユン)など、豪華デザイナー陣を迎えた新生〈Dior Homme(ディオール・オム)〉だが、サプライズ起用はまだまだ終わらない模様。今回、突如としてチームKimに参画を表明したのは、NIGO®️(ニゴー)やVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)とも親交の深いレジェンドアーティスト、KAWS(カウズ)。

〈Dior〉がInstagramに投稿したショートクリップには、「@Kawsによって新たに再解釈されたディオールの象徴的なシンボルで、(キム・ジョーンズ体制)初のパリコレクションに向かいます」というコメントとともに、KAWSがデザインした“BEE(蜜蜂)”が招待状に止まる様子が映し出されている。その投稿に対しKAWSは、「@MrKimJonesと@Diorと新しいプロジェクトに取り組むことができて嬉しいです」とリプライで喜びを述べている。かつて〈Supreme(シュプリーム)〉と〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉のチームアップを実現させたKJだけに、デビューコレクションでもKAWSと手を組んだ斬新なアイテムが披露されるのかもしれない。引き続きショー本番日である6月23日(現地時間)まで、3者の投稿をこまめにチェックしておくとしよう。

その他、『HHHYPE』による最新ファッションニュースもお見逃しなく。