KAWS が約1.8億円をかけて自身のスタジオを増築

去る2019年10月に開催された「Harajuku Auction(原宿オークション)」第2回でも数々の作品が出品された現代ストリートアートシーンの巨匠、KAWS(カウズ)ことBrian Donnelly(ブライアン・ドネリー)。そんな彼が、自身のアートスタジオを拡張する計画に取り組んでいるようだ。

米不動産企業『Thor Equities』が明かした情報によれば、KAWSは、ニューヨーク・ブルックリン地区のウィリアムズバーグに構える自身のスタジオの直ぐ隣の物件を、約170万ドル(1億8,500万円相当)で購入。この物件は、総面積約930平方メートルもの広々とした空間として建築されており、大型のインスタレーション作品を得意とするKAWSにとって、最も理想的な作業スペースとしてリノベーションされるのではないかと見込まれる。

ちなみに、入居時期や増築の開始日といった詳細は明らかにされていないが、まもなく改造が開始されると予想される。そんなKAWS氏のアトリエが気になる方は、ニューヨークに行く際是非とも足を運んでみてはいかがだろう。

あわせて、VERDY(ヴェルディ)の初の単独個展となる“Meet VICK Exhibition at Meet VERDY Gallery”の様子もチェックしてみてはいかがだろうか。

KAWS Williamsburg Studio
93 N 9th St.
Brooklyn, NY 11249