Kendrick Lamar が Nike とのパートナーシップ契約を発表

2014年12月にそのパートナーシップ契約の締結が発表されて以降数々のコラボモデルやキャンペーン映像を〈Reebok(リーボック)〉よりリリースしてきた米カリフォルニア州・コンプトン出身のラッパーKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が、Twitterにて〈Nike(ナイキ)〉とのパートナーシップ契約締結を発表。〈Reebok〉との契約は終了したと推測される。

Kendrickは「Cortez. Since day one.(邦訳:コルテッツ。一日目から。)」とのテキストと画像と共にそのパートナーシップ締結を発表。KendrickのCortez好きは有名なところであり、2013年にリリースされたBig Sean(ビッグ・ショーン)とJay Electronica(ジェイ・エレクトロニカ)との楽曲“Control”内では「And I ain’t rockin no more designer shit. / White T’s and Nike Cortez, this is red Corvettes anonymous.(邦訳:俺はもうデザイナーモノなんか着ない / 白Tとナイキのコルテッツ、それから赤のコルベットだ)」というリリックもあり、今年6月に公開された“ELEMENT”のMV終盤ではCortezを実際に身に着けている様子も確認できる。

まだ〈Nike〉とKendirckのタッグが今後どのような動きを見せていくか詳細なことは明らかになっていないが、まずはそのTweetをチェックして更なる新情報の登場を待とう。