KFC が“植物からつくられたフライドチキン”を1日限定で販売

先日、サンドイッチ店を運営する「Subway(サブウェイ)」が完全植物性のミートボールを使ったサンドイッチを期間限定で販売したが、今回は米ファストフード大手の「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」が100%植物性の代替肉を使用したフライドチキンを発表した。

植物由来の代替肉を製造するエコ企業「Beyond Meat(ビヨンド・ミート)」との提携のもとに開発された“植物由来のフライドチキン”のメニューは、チキンナゲットと骨なしフライドチキンの2種類。チキンといえども鶏肉は使れておらず、植物由来の代用肉を用いてナゲットやウィング部分の異なる食感を再現しているとのこと。“Beyond Fried Chicken”と名付けられ、8月27日(現地時間)の1日限定で米アトランタの一店舗のみにて試験提供が行われた。

「KFC」は、今回のテスト販売が好評であれば、販売地域を順次的に拡大していくと発表。「BURGER KING(バーガーキング)」や「Subway」を筆頭に様々なファーストフードチェーンが相次いで植物ベースの商品を展開し、業界での競争が激化する中、同社はベジタリアンや健康志向の消費者に“植物由来の肉”という新たな選択肢を届ける計画の一歩目を踏み出そうとしている。

『HHHYPE』がお届けするその他フード&ドリンク関連の情報はこちらよりご確認を。