カリードがデビューアルバム『American Teen』をリリース

テキサス州のエル・パソ出身で、2015年から活動をスタートした18歳のシンガーソングライター、Khalid(カリード)が今、世界中から注目を集めている。デビューシングル“location(ロケーション)”で話題になり、次世代のR&Bの形として、世界中のトレンドになっている。そんな Khalidが、2017年3月3日(金)にデビューアルバム『American Teen(アメリカン・ティーン)』をリリースする。Alt J、Father John Misty、Sade、India Arie、Frank Oceanなどから影響を受けたという Khalid。メロウで落ち着いた新世代のニューアイコンが手がける楽曲を堪能してほしい。