キム・ジョーンズが2018年秋冬を最後に Louis Vuitton を去ることが決定

衝撃のニュースが舞い込んできた。〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉のメンズ部門でアーティスティック・ディレクターを務めるKim Jones(キム・ジョーンズ)が、パリでのお披露目を目前に控えている2018年秋冬コレクションを最後に同職から退くことを発表した。

2011年に〈LV〉にやってきたJonesは、様々なファッション的要素を巧みに融合するデザイナーとして名を馳せ、この移り変わりの激しいカルチャーの中でラグジュアリーとストリートウェアの架け橋となり、多大な功績を残してきた人物。〈Umbro(アンブロ)〉、〈Nike(ナイキ)〉、〈fragment design(フラグメント デザイン)〉、そして忘れてはいけない〈Supreme(シュプリーム)〉とのコレクションは、ファッションを愛する者に新たな価値観をもたらし、まだ見ぬ彼のプロジェクトに妄想を膨らませ、大きなサプライズを期待していた人も少なくないのではないだろうか。まだ確定的な情報はないものの、Jonesの次なる舞台は〈Burberry(バーバリー)〉や〈Versace(ヴェルサーチ)〉などが噂されているが、ひとまず〈Louis Vuitton〉での集大成を楽しみに待とう。

そんなKJが『HHHYPE』の人気企画“Essentials”に登場した際のストーリーは、以下のビデオをチェック。