Nirvana カート・コバーンのかつての邸宅が8億円超で売り出しされていることが明らかに

1980年代後半から90年代前半にかけて勃発したグランジムーブメントの象徴的存在であるアメリカのロックバンドNirvana(ニルヴァーナ)のフロントマン Kurt Cobain(カート・コバーン)。そんな彼が、かつて居住していた邸宅が、約750万ドル(およそ8億900万円)で売り出されていたことが明らかになった。

米ワシントン州・シアトルのデニー・ブレイン地区に位置するこの住居は、1994年1月にKurtが購入し、妻のCourtney Love(コートニー・ラブ)と、ふたりの間で生まれた愛娘 Frances Bean Cobain(フランシス・ビーン・コバーン)の3人で暮らしていたという。そして同年4月にKurtは自ら命を絶ってしまい、3年後の1997年に妻のCourtneyが、290万ドルで売却していた。

CNN』の報道によると、この邸宅は築117年でクイーン・アン様式となっており、約743m2の広さを誇るという。その室内には、4つの寝室と4つのバルスームに加えて、ワインセラーも設置されているようだ。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新ミュージック関連ニュースもお見逃しなく。