kZm が2つの異なる世界観を描いたシングル『But She Cries』『GYAKUSOU』を同時リリース

ヒップホップクルー YENTOWN(イエンタウン)に所属するラッパー kZmが、シングル『But She Cries』『GYAKUSOU』を2枚同時リリース。

両楽曲ともに、VERDY(ヴェルディ)の主宰する〈Wasted Youth(ウェイステッド ユース)〉の映像内で使用されており、リリースを待ち望む声が多かった。同じくYENTOWNのChaki Zuluがプロデュースを手がける『But She Cries』は、アコースティックギターの美しいサウンドにオーガニックなドラムが重なるビートに、kZmの新境地が窺えるエモーショナルな楽曲に。それと対をなす形の『GYAKUSOU』はバウンシーで攻撃的なトラップサウンド。FKA twigs(FKAツイッグス)、DaBaby(ダベイビー)、Vince Staples(ヴィンス・ステイプルズ)、Dominic Fike(ドミニク・ファイク)など数多くのアーティストの楽曲を手がけるUSプロデューサー Kenny Beats(ケニー・ビーツ)がプロデュースする。両シングルともジャケットデザインはVERDYが担当。また、kZmを擁する謎のレーベル「De-void*」とVERDYとのコラボポップアップが、12月24日(火)に東京、12月26日(木)に大阪にて開催される模様。詳細について今後のアップデートに注目にしよう。