ダ・ヴィンチの代表作 “ウィトルウィウス的人体図” は今後イタリア以外では鑑賞できないことに?

“モナ・リザ(Mona Lisa)”、“最後の晩餐(The Last Supper)”といった精巧な絵画で知られるイタリア・ルネサンス期を代表する稀代の芸術家Leonardo Da Vinci(レオナルド・ダ・ヴィンチ)。そんな巨匠による代表作のひとつ“ウィトルウィウス的人体図(Vitruvian man)”を、仏・パリの『ルーブル美術館』に貸し出しするというイタリア政府の決定に、当国の法廷が待ったをかけたようだ。

“ウィトルウィウス的人体図”とは、古代ローマ時代の建築理論家 Vitruvius(ウィトルウィウス)による“建築論(De Architectura)”から着想を得ているとして知られ、15世紀後半にDa Vinciによって描かれたと知られる作品。人体の構成と円の半径の比率が黄金比であることから、“人体の調和”とも言われる巨作である。去る9月24日(現地時間)、伊仏両国間の親交を図る趣旨のもとに、イタリアはDa Vinciの作品を、フランスはRaffaello Sanzio(ラファエロ・サンティ)の代表作を一時的に交換する協約を結んでいた。しかし、10月8日(同時間)、ヴェニスの地方行政法院は“ウィトルウィウス的人体図”の貸出において禁止処分を判決。これは“移動過程での破損やダメージを受ける恐れがある”という理由から、イタリアの文化遺産保護団体「Italia Nostra(イタリア・ノストラ)」が提起した申請による判断だという。現在、伊・ヴェニスの『アカデミア美術館』に収蔵されている同作品は、実際に気候による影響のため、毎年4月から7月の期間のみ一般公開されている。仏政府は、Da Vinciの死後500周年を記念し、同作品を10月24日から『ルーブル美術館』で展示する予定だったという。

そんな『ルーブル美術館』では、前述の“Mona Lisa”や“The Virgin of the Rocks (岩窟の聖母)”を含む25点のDa Vinci作品は展示される模様。2019年10月24日~2020年2月24日(同時間)の期間中、パリに滞在予定のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

The Louvre
Rue de Rivoli, 75001
Paris, France

『HHHYPE』がお届けするその他アート関連の情報もお見逃しなく