テクノロジー搭載デニムジャケット Levi’s® Trucker Jacket with Jacquard™ by Google の日本初展開が決定

〈Levi’s®(リーバイス)〉と「Google(グーグル)」によるテクノロジーを搭載したスマートジャケット、Levi’s® Trucker Jacket with Jacquard™ by Googleが、日本に初上陸。10月5日(土)、『BEAMS(ビームス)』の一部店舗、〈Levi’s®〉の全直営店およびオンラインストアにて発売となる。

〈Levi’s®〉が「Google」のウェアラブルテクノロジー開発プロジェクト“プロジェクト ジャカード”初のオフィシャルパートナーに任命されたのは、2015年にまで遡る。服をインターネットに接続したら何が起こるのか、そんな未来を見据えた試験的なプロダクトは2017年にアメリカで発売され、多方面から注目を集めた。

このプロダクトは、〈Levi’s®〉の代名詞であるトラッカージャケットの左袖に、「Google」と共に開発した導電性の繊維を組み込んでいる。それによりジャケットとスマートフォンのペアリングが可能となり、簡単な操作で音楽の再生や目的地へのナビゲーション、電話の応答といったスマートフォンの様々な機能を左袖を触ることでコントロールできるのだ。驚くべきことは、強度が通常のデニムと同等であるうえ、洗濯も可能ということ。まさに、“未来を想像する洋服”なのである。

第二弾のLevi’s® Trucker Jacket with Jacquard™ by Googleは、ジャケットの左袖口にマイクロファイバーテキスタイルを内包。袖口にガム一枚より小さくなったジャカードタグを装着し、スマートフォンとペアリングすることで、道案内や天気情報、交通情報へのアクセス、メッセージ機能や音楽をはじめとする多様な機能が追加され、日々のシームレスなテクノロジー体験を提供してくれる。

このジャケットの開発コンセプトは、“CONNECTED NOT DISTRACTED(つながる。とぎれることなく。)”。その背景には「スマートフォン操作から解放し、目の前に広がる素晴らしい瞬間を途切れさせることのない生活を目指す」という想いが込められている。クラシカルなデニムジャケットが、まるで未来を生きるようなアイテムに。「Apple(アップル)」や「SAMSUNG(サムスン)」もうかうかしていられないかもしれない。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするそのほかのテック情報は、こちらから。