LG が世界初となる“巻取り式”テレビの一般販売を発表

韓国を拠点とする大手家電メーカーの「LGエレクトロニクス」が、米ラスベガスで開催されている世界最大級の家電/IT 見本市「CES 2019」にて、世界初となる一般発売を迎える“巻取り式テレビ”としてLG Signatures OLED TV Rを発表した。

上の映像を見ていただければ一目瞭然だが、“巻取り式テレビ”とは巻取り式のスクリーンを用いたテレビ。一見するとただのテレビ台のようにも見える金属製のボックス内部に丸まった状態のスクリーンが格納されており、使用時のみOLED(有機EL)を用いたディスプレイが上に生えるようにして登場するという、これまでのテレビの概念を覆すプロダクトとなっている。

「LG」によるとこのテレビは“Full”、“Line”、“Zero”の計3モードを備え、“Full”はその名の通りテレビや映画等を観るとき用の全画面モード、“Line”がディスプレイ上部のみを出現させることによって音楽の操作や時刻などの情報を表示させる言わば待受けモード、“Zero”はディスプレイを一切出さずにスピーカー等として使用する画面無しモードだ。65インチという大サイズの4K OLEDディスプレイを備え、音声アシスタントのAmazon Alexaや「Apple」のAirPlay 2にも対応するというこのLG Signatures OLED TV R。まだ販売価格は明らかにされていないが、どうやら2019年内には販売が行われる模様。まずはその全く新たな次世代テレビのカタチを確認してみてほしい。

『HHHYPE』がご紹介するその他のテック関連ニュースの数々もお見逃しなく。